素人の戯言と一蹴されることを覚悟の上で、私のやりたいことを書き連ねます。


「演劇するサーカス」
詩、演劇、演劇、ダンス、舞踏、パントマイム、大道芸、歌唱、音楽、コーラス、等々全ての要素を詰め込んだ演劇の妄想が頭を離れません。即興演奏と詩劇のライブを経て、自分のやりたいことに気付いたのかもしれません。
大人数のパフォーマンスを纏め上げ、演劇として昇華させたいと。

それは無謀で滑稽な唯の虚妄である事は承知の上です。

他人に認められる活動実績も知名度もたかが知れている私が呟く事は何もかも戯言で、雑踏に消えゆくただの雑音に過ぎないと、分かっているのです。

が、例え実現が不可能であるとしても想像せずには居られません。

巨大なステージで、音楽に乗せ一糸乱れぬ表現を行うパフォーマー達、そしてそこには物語が有る。抽象性と具体性の融合。演劇的脚本により展開するそれは、演劇するサーカス。

そんな、幻が、日々私を苦しめるのです。

実現には人員が必要です、人を集めるにはコネクションが必要です。私にはそれらがあると自惚れる事すら出来まず、ただ劣等感と現実の有り様に苦しむのみですが、炸裂する自意識が、この自身の願望を呼び掛けという形で発信する事を押さえられませんでした。

福岡の表現者の皆様へ、若しくは表現者に成らんとしている皆様へ、これが私の夢です。

いつになるかは分かりませんが、長い時間を掛けても必ず成し遂げたいと思っている夢なのです。

その馬鹿な妄想に付き合ってやろうという方が居られましたら、ご協力頂ければと願わずにはいられません。
我々は総合表現集団かべちょろ、主に福岡で活動する団体です。

陰鬱な梅雨の夜に、連絡先を記します。


tanaka.di.giovanni@gmail.com














というような気概で今後も頑張っていこうという決意表明と思って頂ければ幸いです(笑)