総合表現集団かべちょろ/田中ジョヴァンニ公式ブログ

代表:田中ジョヴァンニ 文芸系マガジン「さかしま」発刊他、演劇,ポエトリーリーディング等のパフォーマンス、映像制作

2015年06月

6/27(水)箱崎水族館喫茶室にて、capture plus 8に出演してまいりました。

共演は、主宰の中村勇治,トワトワ座の白水マサキ,アングラ劇団出身で今は制作などをされている薔薇園花江,そして大学の同窓生であり「さかしま」にも参加頂いたキャサリン・クボタ。

リーディングのパフォーマーとしてのみでなく脚本・演出も担当し、演劇がやってみたいという長年の願望が叶いました。

福岡ポエイチ,福岡ポエトリー関連、学生時分の知り合い、音楽・演劇関係と、非常に多くの方々に来場頂き盛況の内、楽しくやれましたが、終わった後こう思わずにはいられませんでした。

俺はもっとやれたんだ、と。

手を抜いたつもりはありませんが、もっと凝った脚本を作れた筈ですし、もっと洗練された演出とパフォーマンスが出来た筈です。演奏は素晴らしく、リーディングのパフォーマーの方々も想像以上に熟練されておりました。

それ故に、私自身が完璧であったと言える自信がありません。

芸人をしていた時に、芸能事務所の方に言われた事が思い出されます。

「一度のチャンスが人生を決めるのかもしれないのだから、血を吐いてでもやれ」

今後、私が脚本・演出を務め、あれだけの集客の中、パフォーマンスを行える機会はあるでしょうか?
例え機会があったとしても、私の脚本・演出に魅力を感じる人は居るのだろうか?

もちろん、私はやるつもりですし、やるからには当然良いものを作り上げる所存です。
ですが、今回の空間は今回のみであり、後悔した所でその時間は取り戻せません。

ですから、私はただこう言うことしか出来ません。

「来場有難う御座いました、しかしながら私の才能はこんなものではありませんので、どうか今後とも宜しくお願い致します」と。



DSC_0158


集合写真を撮り忘れていたので自撮を・・・

6/6,6/7冷泉荘にて開催された福岡ポエイチへ参加してきました。


両日とも多くの来場者が有り、毎年の事ながら大盛況を博しておりました。
初日は管理人ブースのゆったりとしたスペースで、毎度お馴染み写真・イラスト担当の高瀬君(今回はCD盤面デザインも手掛けています)と共に出展し、文学フリマ福岡主催の森元さんから委託された、同イベント同人誌販売も行いました。

初日は知り合いや参加者の方が大勢来て下さり、「どうもどうも」と話していましたが、何故か皆さんお越し頂いたタイミングが被っており、せっかくの機会にあまり話せなかった方も居りまして誠に申し訳御座いませんでした。

2日目は、巫女さんが短歌おみくじを引っさげ手伝いに来てくれました。
この短歌おみくじが非常に好評で、なんと歌人の加藤治郎さんも引いて下さり、ご自身のツイッターに写真をアップして頂いております!
今回の同人誌は製作進行がなかなかうまく行かず大変でしたが、一年前に来場してくれていた方々に「新刊出たんですね、買います!」と言って頂き報われました。

新幹線がAKB総選挙の人たちでごった返してパニックになっていたり、酷使に耐え切れずキャリーバッグの車輪が割れたりと、微妙な面白トラブル含め非常に楽しい2日間でした。


また、会場でも大いに宣伝させて頂きましたが、6/27箱崎水族館喫茶室にてポエトリーリーディング×即興演奏のライブを開催致します。

出演は、3号付属CDに参加頂いた中村勇治(バスクラリネット),朗読:キャサリン・クボタに加え、白水マサキ(ギター・トワトワ座他),朗読に薔薇園花江、そして私、田中ジョヴァンニ。
追って詳細告知致しますが、詩劇の脚本は私が担当しており、非常に濃い内容となっておりますので、お越し頂ければ幸いです。


1432951650024

↑このページのトップヘ