総合表現集団かべちょろ公式ブログ

代表:田中ジョヴァンニ 文芸系マガジン「さかしま」発刊他、演劇,ポエトリーリーディング等のパフォーマンス、映像制作

Twitter:https://twitter.com/Kabe_Tyoro

5/28福岡・箱崎水族館喫茶室にて一年ぶりのライブでした。Capture主宰の中村勇治、前回に引き続き薔薇園花江、キャサリン・クボタに加え河合拓始(敬称略)を加えた、即興演奏とポエトリーリーディングライブ。私は相変わらず一人芝居でしたが。

いつも一人きりでパフォーマンスをしており、演奏に乗せ芝居をやれる贅沢さを噛みしめておりました。

 

 今回はエチュードがあり、それぞれの役者と二人組にてお客様に記入頂いたお題で即興劇を行いました。遠い昔ですが演劇部に所属していた頃、連続で即興劇を行うという稽古が有り、楽しくてしょうがなく、早く部活に時間にならなかなぁと授業中もソワソワしていた事を思い出しましたが、今回のライブに関して企画段階で少しネガティブになっていました。

 観客達は即興劇を観て本当に楽しいのか、と。

 

 結果は、やってよかったと感じました。お客様に大いに笑って頂き、良き小休止になり緊張が解れたように感じました。

 

 個人のブログにも書きましたが、最近は作品を作るにしても客側の視点に立ち過ぎる傾向があるのかもしれません。それは重要な事であるからそうするのであって、悪い事では無いと思っていましたが、私の想定している客が「私自身」では無いのかと気付きました。客観と主観が混然一体となり、最早意味を成していなかったのかもしれません。お客様の立場に立つという事は、私自身がステージをどう見るかでは無く、多くの視点を意識しなければなりません。そこで求められることは何か、それに応える為にはどうすべきか。それは、舞台に立つ者にとって一生のテーマなのでしょう。

 

 また、6/18,19は福岡ポエイチに「さかしま」4号を引っさげ出展してきました。多くの方にご来場頂き本当に有難かったです。「今回も楽しみにしていた」という言葉を頂けた時は、続けていてよかったなぁと感動致しました。

 

 現在いくつかの企画が進行しており非常に充実しております。それぞれに本気で取り組み、そこで出来た繋がりに感謝し、物を作り上げて行く事が「何物かに成る」という事なのかもしれません。



DSC09092 (1)

良い物が多く表紙の写真を選ぶのに苦労しました。


 

2/7 ポエトリースラムジャパン大阪大会へ出場。

敗退しました。死ぬほど悔しかったです。

詩の朗読の大会とは言いつつも、話芸やラップ等バラエティーに富んだ参加者がひしめき合う中、ただ一人ガチガチに固めたキャラクターと脚本の芝居で勝負してきましたが、勝てませんでした。

こんなにも感情が昂ぶったのは久しぶりな気がします。

本気で挑んで負けるという事が、途轍もなく悔しい事なのだと思い出した気がしました。

ですが、不思議と自分の芸風を変えるべきだという考えには至りませんでした。

事務所に所属しお笑い芸人として活動を行っていた時は、事務所やテレビ局の方々に何度も何度もネタ見せをし、辛辣な指摘を受けながら観客にウケる物を作り上げていました。
あの時はまだ高校生で、思春期の混乱の最中に居た事も有りますが、その過程で自分を殺す作業を受け入れていた面も否めません。
「職業として芸能活動を行うならば寄せる事も大事なのだ」と。

諸事情により芸人を辞めてから、本当にやりたい事をやろう思い、舞踏や映画撮影や同人誌の製作を行ってきました。そして今は、それが一人芝居なのです。

勿論、観客を楽しませることが出来る物が優れた作品であり、それを目指して作る事が重要なのは承知の上です。
自分だけが面白いと思う物や観客の要求のみに応える事は違うだろうと、そう感じるようになりました。

独りよがりは止め、そして優れた作品を作り続ける事がなによりも大事で、取り敢えずは「さかしま」4号と5月に予定している福岡でのライブの準備をしっかりと行おうと思います。

ちなみに今回の大会には福岡よりキャサリン・クボタ氏も参加しておりました。
それぞれの発表者の良い点を纏め、私の芝居のイラスト付で褒めてくれ、東京大会進出者のイラストをアップするという有能ぶりを発揮していましたが、写真には必ず白目で写るというおちゃめさんです。


DSC_0363

会場の雰囲気。かなりの数のお客様が。


DSC_0367


クボタさんの変顔に救われる。有難うクボタさんの変顔。

皆様明けましておめでとう御座います。
昨年は多くの方々にお世話になりました。

さて、最近の活動は以下の通りです。

12/6 ポエトハウスでの詩の交差点2015
12/26 第3回ヒトアリウム
12/27 福岡ポエトリー

ポエトハウスは前回のヒトアリウムへ出演した際、詩演家のちゃこさんに誘って頂きゲスト出演。
下記ページに会場の様子と音声が公開されております。 ※期間限定かもです
http://poethouse.rdy.jp/poetpage1b-1.html

2月にポエトリースラムジャパンというオープンマイクの大会があり、
私ジョヴァンニが出場予定の他、ライブで共演したキャサリン・クボタ氏も福岡より出場します。

クボタ氏は福岡ポエトリーに中村勇治feat.キャサリン・クボタとしても出演しており、思わぬ再会となったのですが、
当日の司会が文学フリマ福岡主催の森元里奈氏であり驚きました。   
(私とクボタ氏と森元氏は同じ大学の同じ学部で同期という関係であり、同窓会の様相を呈しておりました)

昨年は同人誌以外の身体的パフォーマンスを行おうと躍起になり、ライブ他多くのオープンマイクへ参加してきました。
おこがましいかもしれませんが、私にしか出来ない表現というモノが見えてきた気がします。

本年も引き続き精力的に活動していく所存ですので、皆様何卒よろしくお願いします。



image:316446



写真はちゃこさんのツイッターより

↑このページのトップヘ